世界をリードする自動車用性能向上添加剤

家庭用暖房燃料、軽油、ガソリンおよび車両用代替燃料の為の革新的製品

燃料油添加剤


ガソリン直噴(GDI)技術の最前線に立つアフトン

GDI 技術の勢いが増す中、このダイナミックな市場で成功するためには、最新のニュースやトレンドを把握することが重要です。 アフトンには、GDIに関連するすべての情報を提供する Afton GD1本部があります: 歴史、研究、トレンド、白書および業界屈指のガソリン性能向上用添加剤ソリューションがここで見つかります。

詳細を知るには下の画像をクリックしてください。



性能向上燃料添加剤は、重要な部品を清浄に保ち、有害な堆積物を除去することで、自動車や機器が設計通りに動作するようサポートします。 添加剤が燃料システムを保護し、燃料特性を向上させ、燃費、パワー、加速を向上させるとともに、有害な排出ガスを削減し、環境保護に貢献します。

アフトンは、家庭用暖房油、ディーゼル、およびガソリン車用のさまざまな画期的な製品で、性能向上用添加剤技術の分野をリードしています。 

特許取得済みのガソリン用マンニッヒ化学物質とディーゼル用Greenclean®清浄剤技術は、クラス最高のデポジットコントロール機能を提供します。 これらの化学を摩擦調整剤、消泡剤、および腐食防止剤などのその他の高機能成分と組み合わせて総合的な燃料性能を提供します。 

しかし、当社が他社と一線を画すのは独自のパートナーシップによるアプローチです。 当社の知識と洞察力をお客様のものと組み合わせ、お客様のビジネス目標の達成を支援する解決策を提供します。

研究開発、エンジニアリング、自動車、部品メーカーなど、幅広い経験とスキルを持つ専任のエキスパートが対応します。当社の

実世界の性能- 当社は、燃費、出力回復、排気削減などの分野において、重要で市場に関連する独立した性能データを提供してお客様をサポートしています。 アフトンの大規模な機械試験施設で実施される標準または改良された業界試験、アフトンの独自開発プロトコルを使用しカスタマイズされた試験、そしてもちろん、外部の認定研究所を利用した独立検証を含む多種多様な試験アプローチで性能評価と品質データを開発します。 

エンジン技術に関する洞察 –世界中の主要な相手先商標製品(OEM)と日々密接に協力し、彼らが現在直面している課題を理解し、当社の添加剤ソリューションが将来の技術に対してもお客様が満足できるものであり続けることを確かなものとしています。 

市場と顧客に関する洞察- 当社は、一流ブランドをサポートしてきたグローバルな経験と、ターゲットを絞ったリサーチ、消費者の購買行動の掘り起こし、競合市場の分析などを組み合わせています。  これは、お客様の潜在的なトレンドや機会を特定するのに役立ちます。 

規制と業界に関する洞察-アフトンは、燃料が信頼性と性能の期待に応えることを保証するために、関連する燃料品質基準および試験方法を確立するための業界団体の取り組みに長年携わってきました。 

こうした関わりを当社の専門家チームおよび革新技術と組み合わせることで、お客様の課題に対応する最適な解決策を提案し、お客様のビジネス目標の達成を全面的にサポートします。

ガソリン&ディーゼル燃料油添加剤

アフトンは、ディーゼル燃料油、ガソリン、または代替燃料油向けの世界有数の自動車性能向上用添加剤を開発しており、マーケットシェア拡大を目指す競争力のある製品やブランド力の強化を目指すプレミアム製品など、お客様のビジネス目標の達成を支援します。

新たなガソリン直噴(GDI)業界試験により、ガソリン燃料をよりクリーンにし、エンジンをより効率的にする為に添加剤の重要性が高まる時代に突入しています。GDIについての詳細とアフトンがどのように支援できるかについて アフトンの GD1本部にお問い合わせください。

当社の「製油所からポンプまで」のトータルアプローチには、潤滑性向上など低硫黄燃料のニーズへの対応はもちろん、燃料規格およびオクタン価やセタン価を向上させる添加剤などが含まれます さらに、当社のさまざまな添加剤は腐食防止能と導電性の向上を提供し、毎年何百万トンもの規格に沿った燃料油を安全かつ経済的に供給することを可能にします。

製油所、ターミナル、そして業者から貨物処理者とブレンダーまで、お客様のニーズに合わせた製品を取り揃えています。

すべてを表示 燃料油添加剤 データシート

すべてを表示 燃料油添加剤 データシート

FAQ

一般的な業界関連の質問に対する回答と、アフトンのカスタマイズされたソリューションをご覧になれます。

  • 軽油のセタン価の標準的な判定方法は、共同燃料研究委員会(CFR)のエンジン技術を使用するASTM D613です。 この方法は1941年に導入されたもので、同じ操作条件のもとでセタン価がわかっている2つの基準燃料の着火性を比較することで、軽油のセタン価を判定します。 この方法は特定の条件のもとで作動しているシングルシリンダーのCFRエンジンを使うもので、セタン価は2つの基準燃料に基づきます。 ASTM D613はこれまで長年にわたって使用されてきましたが、テストに時間がかかり、精度も限定されることが知られています。 さらに、経験豊富なオペレーターも必要です。