増粘剤と粘度指数向上剤
アフトンの増粘剤と粘度指数向上剤は、温度がさまざまに変化する潤滑油の粘度と膜形成能を保ちます。

​​増粘剤と粘度指数向上剤は重合体であり、潤滑油に添加すると、低温と高温で見られる粘度変化が減少します。
 
​​鉱油系潤滑油は温度によって特に粘度と膜形成能が変化し、高温時の効果は低くなります。従来はこの問題を解決するために、用途によっては季節ごとに油を交換していましたが、 粘度指数向上剤の誕生により、その必要はなくなりました。
 
​​粘度指数向上剤を低粘度油に添加すると、温度の上昇に伴い、油の粘度が効果的に高まります。これは、鉱油の潤滑効果を幅広い温度範囲に適用できることを意味しています。
 
​​粘度指数向上剤の製造時に重要になるのは、重合体の増粘効率と剪断安定性のバランスです。分子重合体の重合度が高いほど良好な増粘剤になりますが、機械的な剪断安定性は減少する傾向があります。分子重合体の重合度が低くなるほど剪断安定性は増しますが、高温時のように効果的な粘度の向上はなく、大量に使用しなければなりません。
 
​​また、重合体添加剤は熱酸化分解を受ける可能性もあり、開裂して小さい単量体に戻ると重合体添加剤の効果は減少します。前述の機能に加えて、できるだけ高い熱酸化安定性が求められます。
 
​​アフトンの粘度指数向上剤は、主に、マルチグレードエンジン油、ギヤ油、自動変速機油、パワーステアリング油、グリース、一部の油圧作動油で使用されています。

増粘剤と粘度指数向上剤 製品

私たちのコミュニティに参加する。

お客様に最新の情報をお届けするために、業界のニュースを定期的にお送りしています。サインアップし、ご希望のコンテンツを選んでください。

ニュースレターの購読を登録