流動点降下剤

アフトンの流動点降下剤は、さまざまな基油が低温でも効果的に機能できるように添加される一方で、高温時には粘度の利点が保たれます。
​​

燃料または潤滑油の流動点は、定義された条件下で冷却されたときに燃料や油が流動する最も低い温度です。一般に、流動点は油の中のワックスの量で示されます。ワックスは低温時に分離する傾向にあります。これにより、相当量の油成分をトラップして、油の流れを抑制して潤滑性能を妨げるおそれがあります。

​​

大部分のワックスは基油精製時に除去されますが、適切な粘度に達するためには、ある程度の高分子重合体が必要になります。そのため、鉱油が低温でも効果的に機能できるように流動点降下剤が添加され、一方で、高温時には粘度の利点が保たれます。 

​​

適切な流動点降下剤は、流動点を40°C下げることが可能です。一般的には流動点が0°C以下の鉱油を使用する必要がある場合に使用されます。ワックスの結晶の大きさを変化させることによって、横方向の結晶成長を抑止してバルクを液体状態に保ちます。 

​​

流動点降下剤は、次のようにほとんどの種類の潤滑油で使用されています。 

  • エンジン油
  • 自動変速機油
  • 自動車用ギヤ油
  • トラクター油
  • 油圧作動油
  • サーキュレーティングオイル

私たちのコミュニティに参加する。

お客様に最新の情報をお届けするために、業界のニュースを定期的にお送りしています。サインアップし、ご希望のコンテンツを選んでください。

ニュースレターの購読を登録