極圧剤と摩耗防止剤

アフトンの極圧剤と摩耗防止剤は、さまざまな荷重条件にさらされる金属表面を保護する働きがあります。
​​

走行中、極圧剤は金属面と高圧・高温で反応することで、保護膜形成られ、摺動する金属面の摩耗を軽減します。摩耗防止剤も同じように機能しますが、比較的低い圧力と温度で作用する傾向があります。

​​

極圧剤は、ギヤー油、その他の動力伝達油、耐荷重グリース、および金属加工油で使用されます。これらの潤滑剤は通常は摩耗防止剤で補われ、幅広い範囲の圧力と温度の条件下で効果を発揮します。

​​

多くの極圧剤と摩耗防止剤は特定の金属を腐食させるため、一般的に、保護力と腐食性の均衡を保って配合されます。

​​

潤滑性向上添加剤は、分解清生物が保護膜を形成して境界潤滑状態を向上させます。一般的に、グリース、工業用潤滑油、およびさまざまな慣らし油で使用されています。

私たちのコミュニティに参加する。

お客様に最新の情報をお届けするために、業界のニュースを定期的にお送りしています。サインアップし、ご希望のコンテンツを選んでください。

ニュースレターの購読を登録