帯電防止剤

アフトンの帯電防止剤は、ジェット燃料油および低硫黄燃料油の静電気の発生を抑制に役立ちます。
​​​アフトンの帯電防止剤は、ジェット燃料油、超低硫黄ディーゼル(ULSD)および超低硫黄ガソリン(ULSG)の静電気発生の抑制に非常に効果的です。 
 

ジェット燃料油

​​米国国防省標準(国防標準)91-91規格を満たすジェットA-1燃料油には、アフトンのAvGuard SDAなどの帯電防止剤の添加が要求されます。アフトンのAvGuardSDAはASTM D4054-14にて承認を受けた唯一の帯電防止剤です。
 

低硫黄燃料油

​​硫黄レベルは世界的に削減されることにより自動車の排ガスが改善され高度な排ガス処理システムの使用が可能となっています。石油精製業界における水素化脱硫プロセスにより、硫黄レベルは削減されますが、最終燃料油の帯電防止性が低下する可能性があります。これは一般的に使用される精製プロセスによって帯電防止性を有する天然の極性化合物が除去されるためです。
 
​​​​スイッチローディングで低硫黄軽油を輸送する場合は、特別に注意する必要があります。このような作業を行なう場合は低硫黄ディーゼル燃料油の静電気の放電能力低下、可燃性ベーパー発生に注意する必要があります。
 
多くの国々で、静電気による爆発のリスクを回避するのに必要な低硫黄軽油の帯電性レベルが合意されています。​​​​​​​​​​​​​​​これらの目標は、HiTEC​​®4546などの帯電防止剤の使用で達成されます。
 

私たちのコミュニティに参加する。

お客様に最新の情報をお届けするために、業界のニュースを定期的にお送りしています。サインアップし、ご希望のコンテンツを選んでください。

ニュースレターの購読を登録