ボランティア活動  

災害救援から地域の教育システムを強化し、環境を安全で美しく保存する活動まで、当社は地域社会でのボランティア活動で積極的な役割を担っています。

育成  

当社は、公衆衛生と安全、教育および地域社会のスポーツや芸術活動の分野に重点を置き、地域の発展を推進するために当社独自の活動と、外部組織と協力した活動を行っています。

寄付  

当社はさまざまな方法で地域社会をサポートしています。その一端は近隣住民の方々の日々の暮らしを向上させる組織を支援するための資金援助です。 

ブラジルの洪水被災者の救助

この数十年での最悪の自然災害の後、市民と企業はただちに集結して寄付を送り被災者の生活の復旧と倒壊した家屋の再建を支援しました。

  ​​アフトンブラジルの社員は力を合わせて、衣類、食糧、衛生用品、おむつ、飲料水、その他の日用品の寄付を広く呼びかけました。また、提携先の運送会社から提供されたトラックで被災地に支援物資を届けました。   さらにアフトンは被災地に義援金も送りました。

義援金は最も被害が大きかった街の1つ、ノバフリブルゴの避難所に送られました。 
旧工場を利用した古い建物でボランティアと地域のリーダーが、義捐金や支援物資の受け付けと、貧困に苦しむ家庭への配布に協力しました。 

この支援活動は、災害で非常に多くを失った人々が生活を建て直すための手立てとなるでしょう。

多発性硬化症支援のためのサイクリング・レース

 アフトンの社員は、全国多発性硬化症協会が主催した募金運動のイベントである「バイクMS(Bike MS)」にチームで参加しました。 2日間で150マイルを走るサイクリング・レースは毎年開催され、アフトン本社がある米国バージニア州リッチモンドがスタート地点です。    

サイクリストたちはバージニア州の歴史の街ウィリアムズバーグで一泊し、翌日再びリッチモンドに向かってペダルをこぎます。 
このレースは全国多発性硬化症協会の資金集めと啓蒙を目的として開催され、多発性硬化症(MS)に苦しむ人々の継続的な支援に役立っています。 サイクリストたちは、この考えに賛同して参加しています。

協会のバージニア中央支部では、治療のための研究を推進し、多発性硬化症に苦しむ人々の困難を少しでも和らげるために人材と資源を投入しています。 

またバージニア中央支部ではMS患者3,000名とその家族7,500名に支援サービスとプログラムを提供しています。 世界中ではおよそ2.500万人が多発性硬化症に苦しんでいます。

当社が支援する組織の例

  • ユナイテッドウェイ
  • ハビタットフォーヒューマニティ
  • 特別オリンピック
  • 救世軍
  • サウスクラスター
  • ビックブラザーズビックシスターズ
  • ジュニアアチーブメント
  • シュライナーズ病院
  • ボーイスカウトおよびガールスカウト
  • アルツハイマー基金
  • 嚢胞性線維症基金
  • 数科学イノベーションセンター(MathScience Innovation Center)
  • 米国癌協会
  • 聖ユダヤ小児研究病院
  • 飲酒運転防止母の会
このコンテンツは役立ちましたか?

Join our Community.

Periodically, we send out industry news and information to keep you up to date. Sign up and select your preferred content.

Register for our newsletter